【保存版】他店に差がつくサロン管理システムの選び方

機能やデザイン、契約方法、導入実績など、失敗しないサロン管理システムの選び方を紹介しています。売上アップや他店との差別化を図るためにも、ぜひ参考にしてください。

失敗しないサロン管理システム選びのポイント

たくさんの種類が販売されているサロン管理システムのなかで自分のサロンに合う最適なシステムを選ぶために必要な比較すべきポイントをご紹介。ぜひ参考にしてみてください。

1.必要な機能を必要なだけ揃えているか

システム選びで重要なのが機能性。サロン管理システムにはさまざまな機能が備わっていますが、サロンオーナーが最も注目すべきは「予約管理機能」です。

「あたりまえだ」と思う方も多いでしょう。しかし、この2つの機能を最低限そろえることが重要なのです。なぜなら、いくら豊富な機能を取り揃えていても使わない・使い勝手が悪い・そもそも要らないなどの問題は非常に多く起こりえます。

ご自身のサロン経営の方針や戦略に合わせて必要な機能を随時拡張させていくほうが、費用対効果も高く、失敗しないサロン選びとなるわけです。

2.操作性・機能の必要性を見極めるための無料プランの有無

無料プランがあるサロン管理システムかどうかは、システム選びの際に非常に重要なポイント。

システムによって扱える機能や期間は異なりますが、画面操作の使いやすさやビジュアル面でのわかりやすさなどの「使ってみなければわからない」ことは無料プランを利用して見極める必要があります。

ご自身のサロンにはどんな機能が必要で、どういう使い方ができるかを知れるのも、無料プランを利用することのメリット。

たとえば複数店舗を構えていないサロンに「多店舗管理機能」という機能はいりませんよね。これは非常に極端な例ですが、サロン管理システムには細かい機能がさまざまあります。どのシステムが自分が経営するサロンに必要な機能を多く取り揃えているのか、確かめるためにも無料プランの利用をおすすめします。

3.月額のランニングコスト・年間のトータルコストの安さ

月額や年間にかかるコストにきちんと目を向けるサロンオーナーこそ、右肩上がりの業績を維持し続けています。サロン経営の方法や戦略は、サロンの数だけあると言っても過言ではありません。これは、必要なコストはサロンによっても異なるという意味でもあります。

しかし、多くのサロン管理システムは一様に機能を豊富にそろえることで単価を上げている傾向にあり、サロンごとに最適なシステムかどうかの判断はサロンオーナーにゆだねているのが現状です。

そのため今のサロンオーナーに求められる力は、必要な機能とそれにかける必要なコストを洗い出し、どのシステムが一番費用対効果の良いシステムなのかを判断する力なのです。

4.経営方針・戦略に合わせて機能を追加できる拡張性

いつまでも同じ経営でうまくやっていけるサロンがあるのなら、どんなサロンオーナーも経営に関して頭を抱えることはなくなるでしょう。しかし、それほど現実は甘くありません。

サロンを経営するうえで必要なのは新規客の獲得とリピート客(固定客)の増加。そのためには広告戦略はもちろん、顧客満足度の向上施策など、さまざまな戦略をその時々にあわせて変化させていくことが求められます。

その際に同時に必要となるのが、導入しているシステムの拡張性。ホットペッパーとの連携やSNSでのコミュニケーション、または細やかな売上予測やスタッフ管理機能など、サロン管理システムが持つさまざまな機能を随時拡張していけるどうかを、導入時点で把握しておくと後々の経営戦略に対応しやすくなります。

サロン管理システム導入で顧客満足度が上がる3つの理由

サロン管理システムを導入すれば、顧客が予約の際に感じる面倒くささをなくすことができます。自分が行きたい日にキャンセルが出たとき、すぐに予約できたら喜んでもらえることでしょう。

コミュニケーションの壁をなくして、来店しやすさをもたらすことも可能です。情報の登録により、サービスの質がより向上し、顧客満足度も上がっていきます。

予約でのストレスがなくなる

サロンの予約作業は毎回負担となります。

スマートフォン、パソコン、タブレットなど複数の機能からアクセスできるようになっていれば、ストレスなく予約ができるようになるでしょう。

タブレットを見ているのに、予約するためだけにパソコンをわざわざ起動するというような面倒くささがなくなります。

また、「キャンセル予約」は顧客にとって、自分が行きたい日時を諦めずに済む方法です。

本当は行きたい日があるのにその日に行けないというのは、顧客にとってお店から足が遠のくきっかけとなります。例え予約でいっぱいでも、キャンセルが出てお店に行くことができれば、「諦めていたのに行ける!」というラッキー感をもたらしてくれます。

コミュニケーションの壁をなくす

システムを介して双方のコミュニケーションを円滑にすることで受けるサービスの質も向上し、顧客の満足につながります。

システムが多言語対応だと、言語が違う人でも難なくお店に行くことができます。「行ってみたいけれども言葉の壁で予約さえできない」という顧客のジレンマがなくなるでしょう。

スタッフが外国語を話せなくても、あらかじめどのサービスを受けたいのかシステムを使って伝えておくことにより、スムーズなコミュニケーションが可能です。

また、人との会話が苦手で電話での予約さえ緊張してしまい、行きづらいという場合がありますが、システムを利用することで人とのコミュニケーション自体が苦手な人でも、ストレスなく予約でき、お店に行くことができるようになります。

顧客情報やスタッフ情報の登録でサービス向上

毎回来店するたびに顧客のほうから同じことを説明するのは意外と苦になり、「前も説明したのに…」と不満をもたらすことになってしまいます。

「顧客情報」を登録しておくと、その顧客のことをよく知らないスタッフでも情報を把握することができ、個々の顧客に合わせた接客をすることでスタッフの質も上がります。どのスタッフのサービスでも満足してもらえるようになるでしょう。

「スタッフ情報」が登録されていることにより、指名も簡単にできるようになります。遠慮しがちで本当は指名したいのにできない顧客も、システムでの指名であればしやすいです。

スタッフ情報があらかじめわかっていれば、新規の顧客でも安心してお店に行けるでしょう。自分の受けたいコースにそのスタッフが入れるかどうかもわかっていれば、受けるコースの選択を誤らずに済みます。

4つのポイントで比較!おすすめのサロン管理システム5選▶