顧客・予約管理

サロンワークの効率化に必須の顧客管理と予約システムについて調べました。エステサロン、美容室、ネイルサロンにおいて、システム導入後の効果実感トークも交えておとどけします。

美容室の顧客管理&予約システムとは

美容室の顧客管理&予約システムとは美容室やエステサロン向けシステムの特徴といえば、顧客管理&予約システムが挙げられるでしょう。

  • 膨大な顧客情報をパソコンひとつで管理
  • ワンクリックで予約を打ち込んでスケジュールを管理
  • 電話が鳴った瞬間に顧客カルテが立ち上がる
  • 携帯予約・WEB予約にもリアルタイムに対応

紙のカルテとは違い、電子カルテならすばやく予約が取れて、サロンワークを驚くほど効率化できるのがメリットです。カルテを置くスペースも必要ないので、顧客が増えても安心。膨大な情報の顧客管理ができることで、接客の質も高まりリピートを増やすことができます。

さらに、売上アップにはWEB予約機能も必須でしょう。24時間WEBでの予約に対応することで、取りこぼしなく最大限まで予約を入れることが可能電話対応の手間も省けるので、その分、接客や経営分析に時間を割けるのも魅力です。

売上がアップしたサロンからの口コミもまとめてみたので、どんなメリットがあるか、ぜひ参考にしてみて下さい。

サロン管理システムの顧客管理・予約機能で売上向上を実現した口コミ

「売上&スタッフのモチベーションもアップ」

サロン管理システムの顧客管理・予約機能で売上向上を実現した口コミ何と言っても、顧客マーケティングに強いのが助かります。紙のカルテとは違って、過去の来店情報、VIPランク、好みのシャンプーの仕方まで、膨大な情報を一目で把握できるのが非常に便利!

予約を受けた瞬間にカルテが立ち上がるから、事前に策を練って、質の高い接客ができるようになりました。売上はもちろん、スタッフのモチベーション向上にもつながっています。
(福岡県・美容室オーナー)

「WEB予約でリピートが増えました」

サロン管理システムの顧客管理・予約機能で売上向上を実現した口コミ初回にネット予約で来店した人は、その後もサイトをチェックしてくれることが多いようで、以前よりリピートに繋がりやすくなりました。

さらにWEB予約なら、24時間いつでも予約ができるので「サロンに行きたい」と思ったタイミングを逃さずに顧客を捕まえられる。こちらから予約の空き情報も発信できて、売上を最大限まで伸ばすことが可能になりました。
(東京・美容室オーナー)

「予約ミスが減ってお客様の満足度もアップ」

サロン管理システムの経営分析機能で売り上げUPしたオーナーからの声紙のカルテ時代は、予約管理が複雑でダブルブッキングなども多かったんですが、電子カルテに変えてからは全体の状況がとても把握しやすくなりました。

パズルを埋めるように簡単に予約が取れるから、無駄なく、ミスも格段に減りました。お客様をお待たせする時間もなく、今まで以上に満足してもらえていると思います。
(神奈川・美容室オーナー)

「WEB予約を導入したら予約数が倍増してビックリ」

サロン管理システムの顧客管理・予約機能で売上向上を実現した口コミ新たにオプションのWEB予約機能を取り入れてみたら、以前より予約数が倍増してビックリです。

24時間自動予約受付で、意外にも営業時間外の予約が多いことも分かりました。以前は紹介の方が多かったんですが、最近は新規のお客様からも自然と予約が入るようになったのが嬉しいですね。
(東京・リラクゼーションサロンオーナー)

サロン集客にWEB予約が欠かせない6つの理由

上でも述べましたが、今はサロンの集客にWEB予約が欠かせません。ここからはその理由を6つ解説していきます。

1.予約状況が一目瞭然!お客様のわずらわしさを解消

電話予約の場合、お客様の指名スタッフや施術内容などを聞いたり、予約状況を確認したりしていると、どうしても時間がかかってしまいます。しかもお客様の希望日に予約が入れられないとなると、せっかく電話してくれたお客様にストレスを与えかねません。

そこで、WEB予約を利用すればお客様も予約状況が一目瞭然。お客様が感じる「予約のわずらわしさ」を解消できるのは、WEB予約の大きなメリットです。

2. WEB予約で電話対応の時間を削減して生産性を向上

お客様がサロンに来店しているときに電話が鳴ると、受付専門のスタッフがいる場合を除いて、お客様の施術を中断して電話応対する必要があります。この場合、施術の時間が伸びてしまうのはもちろん、電話が多いときは次のお客様を待たせてしまうことにもなりかねません。

仮に電話対応に1回3分かかったとして、100人の予約対応をした場合は300分、つまり5時間も電話対応に時間を使っていることになります。

しかし、WEB予約を取り入れていれば、予約対応の時間を大幅に削減できるわけです。削減できた電話対応の時間をほかの業務に使うこともできます。

例をあげると、

  • 5時間削減できた場合はあと二人お客様を施術できる
  • 休憩時間が増やせる
  • カットの練習時間を確保できる

など。

結果的により良い接客やサービスの提供ができるようになり、さらには従業員の満足度アップにもつながるでしょう。

3.お客様情報の分析で収益アップにつなげられる

WEB予約を取り入れることで、お客様情報の管理も可能になります。予約時のお客様の要望を収集、年代別にどのようなサービスを利用しているか把握することで、サービスを利用していないお客様に提案することもできます。

また、どの時期にどういったサービスの利用が多いかを分析することで、販促の手がかりにすることも可能です。

情報は経営の要。サービス向上、収益アップにはWEB予約は欠かせないと言っても過言ではありません。

WEB予約を利用するお客様はホームページを見ているということですから、サービスメニューをしっかり紹介できれば収益アップにもつながります。新しいサービスの広告も載せられますし、WEB予約のメニュー選択で追加サービスを選ぶ確率だって上がるかもしれません。

4.営業時間外も確実!24時間予約受付ができる

1日のうちでインターネットの利用人数が多い時間帯は、昼の12時夜の20時から23時頃です。

サロンはもちろんお昼は営業していますが、夜の時間帯になると営業時間外のところも多いでしょう。営業時間外には電話予約しか受け付けていない場合、その時間帯に「サロンに行きたいからすぐに予約したい!」と思ったお客様の予約をとりこぼしてしまうことになります。

その点、WEB予約であれば24時間お客様が好きな時間にすぐ予約を入れられるので、予約の取りこぼしを未然に防ぐことができます。

※参考URL:総務省「情報通信白書のポイント 第2部 情報通信の現況・政策の動向」

5.電話予約だけだとお客様の取りこぼしが発生してしまう

インターネットが普及した現在、サロンのWEB予約経験者は全体の5割を超えています。

WEB予約しか利用しないお客様が多くなると、電話予約にしか対応していないサロンはお客様の取りこぼしが発生してしまいます。そのため、WEB予約ができないサロンはお客様を他店に誘導しているようなものです。

※参考URL:TIMES CURRENT「Vol.14 20代~30代女性の「スマホ活用」に関する実態調査」

6.お客様の継続利用を促進できる

ホットペッパービューティーアカデミーのアンケート結果(※)によると、「20代女性が現在利用しているサロンを継続利用している理由」の3位にWEB予約が入っています。WEB予約ができないと、せっかく初めて来店していただいたお客様の次回来店を取りこぼすことになりかねません。

これほどまでにWEB予約を利用しているお客様が多いのですから、やはり導入しない手はないでしょう。

※参考URL:ホットペッパービューティー「【美容センサス2015年上期】≪美容室・理容室編≫」