サロン管理システムで店舗の状況を分析!

どうも美容室の経営が思わしくない、という悩みを抱えている方はおられませんか?お客様に満足してもらうために一生懸命サービスの向上にも努めているし、インターネットにホームページも作っている、それなのになかなかうまくいかない、集客方法が分からない、そんな悩みを抱えている方におすすめしたいのが、サロン管理システムです。サロン管理システムを導入して店舗の状況を分析し、問題点を把握して今後の経営に役立てましょう。

サロン管理システムを導入する利点

サロン管理システムっていったいどんなものなの?という方もおられるでしょう。サロン管理システムがどのようなものかがわからなければ、それを導入しようと思わないのも当然です。

サロン管理システムとは、顧客管理や予約管理、売り上げ・レジ管理、在庫管理、さらにはデータの分析・管理機能や来店促進のメールまで自動的に送ってくれる、とても便利なソフトなのです。お客様の氏名や住所、電話番号はもちろん、来店日時や来店頻度、ご利用されたメニュー、その時の担当者、支払金額からそのお客様の好みまで登録することが出来ます。これによって、そのお客様に満足いただけるサービスを提供することが可能になるのです。

それだけではなく、来店日時や来店頻度から次にご利用いただけそうな日を自動的に算出し、さらに自動的にご案内のメールまで発信してくれます。これによって、予約率の向上も期待出来るのです。ただの一斉送信のメルマガなどでは、読まずにゴミ箱に入れられてしまう事も多いのですが、自分あてにわざわざ美容室からメールが来ていたら、開封してくれる方も多くなるでしょう。さらには、メールでの予約が増えることで施術中に電話に出なければならなくなる事態も減らす事が出来るという、副次的な利点もあるのです。

さらに、店舗全体の売り上げや顧客動向の傾向を掴む事も出来ますし、忙しい日と暇な日の人員の効果的な割り振りや事務の割り振りも効率的に出来ます。会計の内容を新たに打ち込む必要がないので会計ミスを防止する事にも繋がりますし、消耗品の在庫数や発注履歴を把握し、品切れや過剰在庫を防ぐように管理をする事まで出来るのです。サロン管理システムには、これだけの利点があるのです。

店舗の外でも確認できる

サロン管理システムの便利なところは、他にもあります。それは、店舗の外でも予約状況やスケジュールなどを確認できるという事です。どうしてそのようなことが可能かというと、サロン管理システムの多くはデータをクラウドに保存しているからです。クラウドとは、インターネットなどのネットワークに接続されたサーバーが提供するサービスを、手元のパソコンやスマートフォンで利用できるというコンピューターの利用形態の一つです。サロン管理システムで管理されているデータは、店舗にあるコンピューターの内部ではなく、クラウドというインターネット上のサーバー内に保管してあるので、インターネットにつながるスマートフォンなどを持っていれば、店舗の外にいてもそのデータを閲覧できるのです。これのおかげで、急な予約やスケジュール変更を外にいる時でもすぐに把握出来ますから、お客様の満足度の向上に役立つのです。

効果を感じるためには導入後の活用も重要

サロン管理システムは、このように便利で役に立つものですが、それをうまく活用してこそ導入した効果を実感できるのです。ただ単に顧客のデータを見て、ああ、こういうお客様もいたなあ、などと思っているだけでは何の役にも立ちません。

サロン管理システムでは、お客様が前回来店された時期と、普段の来店頻度を元に自動的に「そろそろ髪のお手入れの時期ではありませんか」といったメールを送ってくれますが、それ以外にも顧客の抽出を行うことが出来ます。例えば、来月が誕生日のお客様を抽出して、その人にバースデーチケットを送ったり、初めて来店されたお客様には2回目来店時に使える割引クーポンを送ったり、という事も可能なのです。この際も、顧客のリスト化が簡単に出来ますから、ミスを減らす事も出来ますし、それをするための人件費もそれほど必要ありません。

サロン管理システムは、そのようなお客様一人一人の満足度を高めるフォローにも役立ちますが、さらに店舗の状況を分析する事も出来ます。日ごとや月ごとの売り上げや、スタッフ別、メニュー別などの売り上げ情報を集計・分析することが出来るのです。それによってサロンの売りや弱みを見つける事が出来ますから、将来の経営計画などに役立てることが出来ます。スタッフごとの売り上げを発表する事で、競争意欲を駆り立てる事も出来るのです。

サロン管理システムには、このように利点がたくさんあります。ほとんど手間をかけずにお客様の満足度向上や予約率の向上、さらには経営計画や成長戦略にも役立てることが出来るのです。こんなに便利なサロン管理システムを、あなたの美容室でも導入してみてはいかがでしょうか。