集客・顧客管理を最適化!サロン管理システムなび » サロン管理システムを比較【一覧】 » KANZASHI

KANZASHI

外部サイトと連携し、予約情報を一元管理できるシステム。リアルタイムの同期でダブルブッキングの心配もありません。使える機能が充実しているのに、月額1万円(税込)以下とリーズナブルな利用料金も魅力的です。ここでは、予約情報を「KANZASHI」のメリットや料金形態などを紹介しています。

目次

予約情報を一元管理できるKANZASHIとは

KANZASHI公式HP
画像引用元:KANZASHI公式HP(https://www.kanzashi.com/)

KANZASHI(かんざし)は、ヘアサロンやエステサロン、ネイル、アイラッシュ、リラクゼーションなど美容業界向けの予約一元管理システムです。サロン運営に必要な作業をシステム化し、サロンオーナーやスタッフにかかる業務負担を軽減。本来のサロンワークに集中できる時間が増えれば、売上アップも期待できます。

その利用料金はPOSと連携をいれても1万円以下とリーズナブル。最低契約期間は3ヵ月、契約更新は1ヵ月ごとと縛りが緩いのも特徴です。

KANZASHIの必見ポイント

予約を1つの画面で管理が可能

KANZASHIは、予約サイトやPOSシステムとの連携を可能にした顧客管理システムです。複数サイトでの予約を受け付けているサロンでは、1つの画面で予約管理が可能になりますので、ダブルブッキングの心配もありません。予約の編集・削除もリアルタイムに反映されます。予約管理の作業に手間を取られないため、お客様への施術に集中できるというメリットがあります。

連携できる予約サイトは「ホットペッパービューティー」や「楽天ビューティ」「minimo」「OZmall」「EPARKビューティー」「LUXA、Beauty Pool」「MEZON」「MENTAR」など大手ポータルサイトを網羅。外部サイトとの連携だけでなく、KANZASHIから予約ページを作成することも可能です。

また、POSシステムについては、株式会社アライド・システムやVID株式会社、タカラベルモント株式会社、ポスタス株式会社など多数のシステムとの連携を実現しています。POSシステムとの連携で、会計・カルテ・予約を一貫して管理することが可能になり、二重登録などのリスクを下げることができます。ただ、POSとの連携は別途連携費用が必要になります。

美容情報の発信に欠かせないSNSとも連携

SNSでは、Instagram(インスタグラム)とLINE(ライン)と連携。Instagramでは、プロフィールに予約ボタンを設置すれば予約を取り込め、スタッフ個人の専用予約ページの設定も可能。担当者にストレートに繋がり、お客様にかかるストレスを軽減しています。

また、LINEでは専用の予約ページが作成でき、お客様がLINEユーザーならトーク画面から簡単に予約可能。予約確定通知やリマインドもLINEを通して自動でおこなわれるので、予約忘れの防止になります。

おトクな料金で利用が可能

KANZASHIの利用料金は月額5,500円(税込)とリーズナブル。POSシステム「SALONPOS LinQ2」をセットにしても月額7,260円(税込)と、1万円以下で利用できます。最低契約期間は3ヶ月で、それ以降は1ヶ月単位での契約更新。初期費用0円で長く縛られないので、導入や継続へのハードルが低く身動きやしやすいシステムといえます。

また、システム導入の申し込みでは、WEBの専用フォームからとなります。通常であれば5~10営業日でID・パスワードが発行され、導入時の注意点や操作について担当者から電話連絡が入ります。その後に予約サイトとの連携、運用開始となります。

おすすめの「サロン管理システム」3選をみる

KANZASHIのスペック

主な機能 主な機能(※会社概要欄にある元情報を更新)
初期費用 かんざし:記載なし
かんざし/POSとの連携:0円
月額費用 かんざし:月額5,500円(税込)
かんざし/POSとの連携:月額6,600円(税込)
オプション費用 記載なし
契約期間/解約金 最低3ヵ月/記載なし
サポート内容 サポートについては記載なし。「無料お試し」はなし。

おすすめの「サロン管理システム」3選をみる

KANZASHIの導入実績

導入実績についての記載は見当たりませんでした。

KANZASHIの口コミ評判

口コミについての記載は見当たりませんでした。

KANZASHIの販売元&概要

会社名 パシフィックポーター株式会社
所在地 東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル
電話番号 記載なし
公式HP https://www.kanzashi.com/

⽬的に合った、導⼊しやすい
3つの「サロン管理システム」をご紹介

エステ・脱毛サロン向け
Treasure Box2
(プロ・フィールド)
Treasure Box2
画像引用元:Treasure Box2公式HP
(https://tre-box.com/)
主な基本機能
  • 予約管理
  • 分析管理
  • 顧客管理
  • 店舗売上管理
  • DM/
    メール管理
ポイント
  • 役務残を表で管理できる
  • 集客狙いのLINE連携あり
  • 複数店舗の経営管理も可

「Treasure Box2」の
詳細を公式HPでみる

【回数券管理】システムの
詳細と活用例をみる

電話で問い合わせる

ネイルサロン向け
サロンコネクト
(セレナーデ)
サロンコネクト
画像引用元:サロンコネクト公式HP
(https://salonconnect.jp/)
主な基本機能
  • 予約管理
  • POS/
    売上分析
  • 顧客管理
  • 電話予約反映
  • 予約キャンセル
    自動処理
ポイント
  • 予約ポータルサイト連携
  • 連携はリアルタイム反映
  • ダブルブッキングを防ぐ

「サロンコネクト」の
詳細を公式HPでみる

【⼀元管理】システムの
詳細と活用例をみる

電話で問い合わせる

美容室向け
Square 予約
(Block, Inc.)
Square予約
画像引用元:Square予約公式HP
(https://squareup.com/jp/ja/appointments)
主な基本機能
  • モバイル
    予約管理
  • 顧客管理
  • QRコード決済
  • 手入力決済
    授業員管理
ポイント
  • アプリで気軽に使える
  • ⽉額0円からスマホで登録
  • 事前決済にも対応できる

「Square 予約」の
詳細を公式HPでみる

【予約管理】システムの
詳細と活用例をみる

電話で問い合わせる

【選定基準】      
2020年10⽉~2023年3⽉9日調査期間で、「サロン管理システム」とGoogle検索してヒットしたサービスを抽出。81サービスの中から、「初期・⽉額費⽤」を提⽰しており、かつ「契約期間の縛りがなく、違約金も発⽣しない」サロンオーナーにとって導⼊ハードルの低い3社をピックアップしました。
・Treasure Box2…3選中、唯一「役務残管理」ができる機能がある
・サロンコネクト…3選中、連携できる外部ポータルサイトが最も多い
・Square 予約…3選中、予約管理に特化したサービスを提供している
サロン管理システムを選ぶ
業務効率化なら
紙よりデータ!

サロン管理
システムを選ぶ

ピックアップ関連記事