集客・顧客管理を最適化!サロン管理システムなび » <目的別>サロン管理システムの選び方 » 新規導入編

新規導入編

新規開業に向けたサロン管理システムと、導入する際のポイントや注意点をまとめました。勝ち組サロンを目指すオーナーは次の内容を参考に、まず賢いシステム選びから始めましょう。

おすすめの「サロン管理システム」3選をみる

目次

はじめての導入で気を付けたいポイント

サロン管理システムは商品によって搭載機能も契約形態も様々です。一つのシステムで予約や売上分析、顧客管理、POS機能まで搭載されているものもあり、色々と目移りしてしまいますね。いずれにせよ、新規導入の場合はできるだけ導入リスクが低いシステムを選ぶこと。いざ開業してみたら自分たちの運用と相性が合わなかったり、システムの機能に満足いかなかったりする可能性があるからです。では、リスクが低いサロン管理システムを選ぶポイントはどこにあるのでしょうか。以下にまとめてみました。

初期のランニング費用の低さ

分かりやすいのが費用面でのリスクです。開業してすぐだと運用や経営も探りながら確立していくことになるので、はじめからフル装備の高額システムを導入するのはハイリスクです。まずは本当に必要な機能だけに絞り込んで、ミニマムスタートすることをおすすめします。

システムを利用するには、使用料である月額費用の他に初期費用を支払う場合がほとんどです。また、本来必要のないオプション機能を追加すると月額費用が膨れ上がるうえ、契約期間中に解約すると膨大な違約金が発生してしまいます。

このようなリスクを避けるためにも、最初に自分たちに必要な機能を絞り込むことは非常に大切なポイントです。また、システムによってはキャンペーンなどで一部費用が無料になる場合もあるので、タイミングをよく見て決めましょう。

契約後の拡張性の高さ

もう一つ、システムを選ぶときのポイントは拡張性の高さです。開業したての時期と、経営が波に乗ってきて事業拡大を考える時期では、必要な機能は異なります。その際に、プランを追加するだけで販売促進や経営分析といった新たなツールが使えるようになれば、今までのデータを生かしつつ、経営も効率化できます。最初にシステムを選ぶ際に、未来の自分たちの姿までイメージしておきましょう。

各サービスのサポート内容

サロン管理システムを導入して利用していくなかでは、思わぬトラブルが起こることもあるでしょう。自力で解決できない問題にぶつかった時でも、サポート体制がしっかりしているサービスを選んでいれば安心です。

システム導入による課題を未然に回避するには?

システムに慣れるまでに時間がかかる

新しいシステムを導入する際、スタッフ全員がシステムの操作方法に慣れるためにはある程度の時間を要することが想定されます。この課題を防ぐために、よりシンプルで使いやすくデザインされたシステムを選ぶと良いでしょう。また、導入の際にトレーニングを提供しているシステムならさらに安心です。

予約をシステム上で管理することになる

サロン管理システムを導入すると、今までとは全く違う形式で予約の管理を行うことになります。特に機械の操作が苦手なスタッフは、「操作方法を覚えるのが大変」「間違えてしまいそう」といった不安を抱くかもしれません。ポータルサイトなどからの予約を自動的に反映してくれるシステムなら、こちらが必要以上に管理しなくて済見ます。 

ネット予約システムへの移行が必要

システム導入後は、ホームページやブログでネット予約システムへのリンク設置、電話予約をしていた既存顧客への案内といった対策を行い、顧客をネット予約システムに誘導しなくてはなりません。LINEなど使い慣れたSNSと連携できるシステムなら、移行のお知らせも簡単にできるので便利です。

サロン管理システムのサポート体制は?

サポート体制のしっかりしているシステムを導入であれば、上記のような問題にぶつかった時でもスムーズな解決のために有益なアドバイスをもらえるでしょう。

Treasure Box2

保守専門のスタッフが在中しており、電話サポートを無料で受けられます。年末年始休暇にトラブルが発生した場合でも、緊急時に繋がるメールアドレスを事前に知らせてくれたり、営業担当に繋がるようになっているので安心でしょう。

参照元:Treasure Box2公式HP(https://www.tre-box.com/tb001/lp/)

サロンコネクト

初期設定は全て代わりに行うので、サロン側で特別にしなければならない設定はありません。導入後のサポートは電話とメールで行っており、メールなら24時間対応しています。

参照元:サロンコネクト公式HP(https://salonconnect.jp/index.html)

square予約

サポート窓口が用意されており、電話やメールに限らずSNSを利用して問い合わせが可能です。また、チャットボットもあるのでちょっとしたことでも気軽に尋ねられるでしょう。

参照元:Square予約公式HP(https://squareup.com/help/jp/ja)

おすすめの「サロン管理システム」3選をみる

⽬的に合った、導⼊しやすい
3つの「サロン管理システム」をご紹介

顧客情報やコース消化の管理
エステ・脱毛サロン向け
Treasure Box2
(プロ・フィールド)
Treasure Box2
画像引用元:Treasure Box2公式HP
(https://tre-box.com/)
主な基本機能
  • 予約管理
  • 分析管理
  • 顧客管理
  • 店舗売上管理
  • DM/
    メール管理
ポイント
  • 役務残を表で管理できる
  • 集客狙いのLINE連携あり
  • 複数店舗の経営管理も可

「Treasure Box2」の
詳細を公式HPでみる

【回数券管理】システムの
詳細と活用例をみる

電話で問い合わせる

       
外部予約サイトや多店舗運営の管理
ネイル・マツエクサロン向け
サロンコネクト
(セレナーデ)
サロンコネクト
画像引用元:サロンコネクト公式HP
(https://salonconnect.jp/)
主な基本機能
  • 予約管理
  • POS/
    売上分析
  • 顧客管理
  • 電話予約反映
  • 予約キャンセル
    自動処理
ポイント
  • 予約ポータルサイト連携
  • 連携はリアルタイム反映
  • ダブルブッキングを防ぐ

「サロンコネクト」の
詳細を公式HPでみる

【⼀元管理】システムの
詳細と活用例をみる

電話で問い合わせる

       
ネット受付+POSレジで管理          
美容室向け
Square 予約
(Block, Inc.)
Square予約
画像引用元:Square予約公式HP
(https://squareup.com/jp/ja/appointments)
主な基本機能
  • モバイル
    予約管理
  • 顧客管理
  • QRコード決済
  • 手入力決済
    授業員管理
ポイント
  • アプリで気軽に使える
  • ⽉額0円からスマホで登録
  • 事前決済にも対応できる

「Square 予約」の
詳細を公式HPでみる

【予約管理】システムの
詳細と活用例をみる

電話で問い合わせる

【選定基準】      
2020年10⽉~2023年3⽉9日調査期間で、「サロン管理システム」とGoogle検索してヒットしたサービスを抽出。81サービスの中から、「初期・⽉額費⽤」を提⽰しており、かつ「契約期間の縛りがなく、違約金も発⽣しない」サロンオーナーにとって導⼊ハードルの低い3社をピックアップしました。
・Treasure Box2…3選中、唯一「役務残管理」ができる機能がある
・サロンコネクト…3選中、連携できる外部ポータルサイトが最も多い
・Square 予約…3選中、予約管理に特化したサービスを提供している
サロン管理システムを選ぶ
業務効率化なら
紙よりデータ!

サロン管理
システムを選ぶ

ピックアップ関連記事